読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

around our table !

主に北欧食器を使った日々の食事と子育て日記、たまにレコード

我が子が0歳で楽しんだ絵本のまとめ

子 - 0歳

0歳から楽しめる絵本ってたくさんあるんですね〜。

たしか、3.4ヶ月頃から絵本は読ませていました。もうすぐ1歳ですが、絵本大好きな子になりました。今では一人で本をペラペラめくっています。(読むというよりもめくる行為が楽しいようですが。)

赤ちゃんにはできるだけ話しかけましょう、と言いますが、返事がないのに話しかけ続けるって結構苦痛に感じる時もあります。そんな時は絵本!!何度も絵本という存在に助けられてきました、私。絵本ありがとう!!

 

しましまぐるぐる

これは3.4ヶ月の頃から見せていました。

カラフルなのと、赤ちゃんの好きなストライプがたくさんなので、かなり小さくても興味を持ってもらえました。

この本の裏表紙にも書いてありますが、小さい子はあまり視力がないので近づけて見せてくださいと。近づけるとジーっと凝視していました。

その内に好きなページになると笑ったり手を伸ばしたり。今では魚のページをたたいたり、最後の猫のページの穴を触ったり、いろいろ楽しんでいるみたいです。

 

あかちゃんのあそびえほん

 一見、ダサい絵と思いますが、これは秀逸ですよ。(ダサいなんて言ってごめんなさい)

本当に単純なしかけ絵本ではあるのですが、ページをめくるとキャハハ!と笑います。特に小鳥のピーちゃん(ごあいさつあそびの表紙の黄色い鳥)が好きみたい。

絵本を読みながら挨拶したり、食事がおいしくて楽しいものだって教えたり、歯磨きもトイレも、いろいろと教えることができるかと。(まぁ0歳児なので何もわかっていないんですけど。)

ただ、この本はしましまぐるぐるのように分厚い丈夫な紙ではないので、あかちゃんに渡してしまうとビリビリグチャグチャになると思います。そこだけ注意かな。

 

こぐまちゃんシリーズ

有名なこぐまちゃんシリーズ。

文字量が少ないものを選んで読んでいました。0歳児だと長いと飽きてしまうので。(本当は、読むのが疲れるという親のわがまま・・。)

挨拶系は、いつかちゃんと挨拶ができる子になってほしいという思いから、何度も読んでいます。

さよならさんかくは、リズムがあるので読んでいて子供が楽しいかなって。

こぐまちゃんシリーズはカラフルなので赤ちゃんも興味を引きやすい絵本だと思います。ただ、お話なので0歳後半からがオススメかな。

 

がたんごとんがたんごとん

 

こちらもリズムがあるので読み聞かせにピッタリの絵本。

次々にお客さんがきて、電車が乗せてあげるんですね。最後は大抵パーティーやらピクニックやら。

ざぶんざぶんは海沿いを走っているようです。買うならばどちらか一つで十分かな。

切り絵のようなシンプルな絵が意外とかわいいです。

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

我が子が0歳で楽しんだおもちゃのまとめ

子 - 0歳

そろそろ子供が1歳になるので、0歳で楽しんだおもちゃについてまとめてみようかと思います。

割と周りから「器用だね〜」なんて言われるので、おもちゃの与え方がよかったのか?!なんて思ったりするバカ親です。(社交辞令だってことは十分にわかっています!!私も他の子に幾度となく大げさに褒め称えてきていますから!!)

 

オーボールラトル

これは本当にあってよかった!!ベビーカーにつけても、家の中でも、親が持って音を鳴らすだけでも楽しんでくれた商品。

ベーシックなオーボールでもいいけれど、カシャカシャ音のなるラトルの方が赤ちゃんは楽しいみたい。

ベビーカーにつけるための、この商品もよかったですね〜。

外出先のベビーチェアにつけてオーボールが落ちないようにしたり、気づけば歯固めにされていたり(使い方違うし、安全なのかわからないから気付いたらやめさせてたけど)、ベビーカーにつけるだけでなく便利に使えました。

  

ボーネルンドのひまわりラトル

歯固めを買おうと思いボーネルンドに言ったら、発見!歯固めにもなるし、いろいろなところがクルクル回るので、噛みながらクルクルまわしたりして手が器用になるかしら?なんて思って購入。

ラトルなのでカシャカシャ音がなるだけでも楽しいみたい。振り回したりしていました。

今は前歯が生えてきてかゆいのか、このラトルの葉っぱ部分をずーっと噛んでいます。噛みながら、顔の部分をクルクルまわしたり、両手を使って楽しんでいます。思った通りに動かしてくれるので、親としてはしてやったり!って感じです。

 

コップがさね

これは我が家の大ヒット商品!!

見た瞬間から、我が子の目が飛び出そうに大きくなり大興奮した商品。気にいるおもちゃは多いものの、ここまで見ただけで興奮することはありませんでした。触らせたら鼻息荒くなり、ずーっと遊んでました。

手に持っているだけでも楽しいのに、親が積み重ねたものをガシャーン!と豪快に壊すのも楽しいみたい。

一番上にあるロディは歯固めになりそうだったので、しばらくはコップだけで遊ばせています。

 

コップがさねって単純なおもちゃですが、実は長く使えるんじゃないかと。

コップには1から10までの数字がかいてあるので、いつか数字を使って遊んだりできそうです。

一部のコップには穴が空いているので、たまにお風呂に持って行き穴から水を出して遊んだりしています。

もう少し大きくなったらですが、おままごとの時にお皿として使ったりもできるかな、と。

1000円しないのに意外と使い方がいろいろあって、割と長く使える商品かと思います。

 

 

音のなる積み木

ファースト積み木として最近購入。

まだ積むことができないので、コップがさね同様、親が積み上げたものをガシャーンと壊すことが多いかな。

あとは音がなるので、手に持って降り続けています。

個数ですが、11個積み木が入っています。三角が3つ、正方形が2つ、長方形が2つ、長い円柱が2つ、短い円柱が2つ。少ないと思いましたが、最初は積むこともできないしこの数で十分です。

積み木の購入はこれだけになりそうです。というのも、最近レゴデュプロを遊ばせてもらったら、かなり気に入ったようで。

積み木ではなくレゴで想像力発揮してもらおうと思います。

 

 

もうすぐ1歳。

おもちゃもどんどん難易度が上がっていくんだろうなぁ。与え方や遊び方、親もいろいろ勉強せねばなぁと思います。

そういえば、我が家の教育方針も決めなきゃなぁ。とにかく健康に育ってくれればと思っているけれど、方針たてていた方がいい気もしてきた。それはおいおい考えるか。

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村