読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

around our table !

主に北欧食器を使った日々の食事と子育て日記、たまにレコード

我が子が0歳で楽しんだ絵本のまとめ

子 - 0歳

0歳から楽しめる絵本ってたくさんあるんですね〜。

たしか、3.4ヶ月頃から絵本は読ませていました。もうすぐ1歳ですが、絵本大好きな子になりました。今では一人で本をペラペラめくっています。(読むというよりもめくる行為が楽しいようですが。)

赤ちゃんにはできるだけ話しかけましょう、と言いますが、返事がないのに話しかけ続けるって結構苦痛に感じる時もあります。そんな時は絵本!!何度も絵本という存在に助けられてきました、私。絵本ありがとう!!

 

しましまぐるぐる

これは3.4ヶ月の頃から見せていました。

カラフルなのと、赤ちゃんの好きなストライプがたくさんなので、かなり小さくても興味を持ってもらえました。

この本の裏表紙にも書いてありますが、小さい子はあまり視力がないので近づけて見せてくださいと。近づけるとジーっと凝視していました。

その内に好きなページになると笑ったり手を伸ばしたり。今では魚のページをたたいたり、最後の猫のページの穴を触ったり、いろいろ楽しんでいるみたいです。

 

あかちゃんのあそびえほん

 一見、ダサい絵と思いますが、これは秀逸ですよ。(ダサいなんて言ってごめんなさい)

本当に単純なしかけ絵本ではあるのですが、ページをめくるとキャハハ!と笑います。特に小鳥のピーちゃん(ごあいさつあそびの表紙の黄色い鳥)が好きみたい。

絵本を読みながら挨拶したり、食事がおいしくて楽しいものだって教えたり、歯磨きもトイレも、いろいろと教えることができるかと。(まぁ0歳児なので何もわかっていないんですけど。)

ただ、この本はしましまぐるぐるのように分厚い丈夫な紙ではないので、あかちゃんに渡してしまうとビリビリグチャグチャになると思います。そこだけ注意かな。

 

こぐまちゃんシリーズ

有名なこぐまちゃんシリーズ。

文字量が少ないものを選んで読んでいました。0歳児だと長いと飽きてしまうので。(本当は、読むのが疲れるという親のわがまま・・。)

挨拶系は、いつかちゃんと挨拶ができる子になってほしいという思いから、何度も読んでいます。

さよならさんかくは、リズムがあるので読んでいて子供が楽しいかなって。

こぐまちゃんシリーズはカラフルなので赤ちゃんも興味を引きやすい絵本だと思います。ただ、お話なので0歳後半からがオススメかな。

 

がたんごとんがたんごとん

 

こちらもリズムがあるので読み聞かせにピッタリの絵本。

次々にお客さんがきて、電車が乗せてあげるんですね。最後は大抵パーティーやらピクニックやら。

ざぶんざぶんは海沿いを走っているようです。買うならばどちらか一つで十分かな。

切り絵のようなシンプルな絵が意外とかわいいです。

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村